トップページ 会社概要 スタッフ紹介 電気工事 エアコン設備 エアコン洗浄 電気について ブログ 我社の工具達


−これだけは知っておきたい電気の知識−


 電気屋の目から見た、お客様に知っておいて欲しいことを書いています。
 
 
 
基本   (漏電遮断機  安全ブレーカー  アース
 
 ・電気事故を起こさない為に
 
 ・危ない電気設備

 
b-line500.gif
−基本−

2.安全ブレーカーの機能

 
 安全ブレーカーの機能を図2で説明していきます。
図2−1 安全ブレーカーon 図2−2 安全ブレーカーoff
図2-1        図2-2
図2 安全ブレーカー
・安全ブレーカー

安全ブレーカーは、図1の2で示し、
左の図2はその拡大図です。

図2-1はon状態の図で、
図2-2はoff状態を示します。



 安全ブレーカーは、通常2000W(20A)以上の電気が流れると切れる(落ちる)
仕組みになっています。

 図1では、6個の回路に分かれています。

(1) 寝室の照明器具・コンセント
(2) 和室の照明器具・コンセント
(3) キッチンの照明器具、コンセント
(4) キッチンの単独回路(電子レンジ、冷蔵庫の専用回路)
(5) 寝室エアコン回路
(6) 和室エアコン回路


 漏電遮断機は、回路全体の漏電や総電気使用容量を監視するのに対し、
安全ブレーカーは、各回路(1〜6までに分けられた回路)を
それぞれ監視しています。


 では、具体的にどんな時に安全ブレーカーが切れるのか説明します。


 漏電遮断機も安全ブレーカーも、電気が定められた電気容量の範囲で
使用されていれば、ブレーカーは常にonの状態になっています。



例1)

 この家では、キッチンの横に和室があり、和室がダイニング兼居間になっています。
冬場、和室ではコタツ(800w=8A)、テレビ、パソコン(200w)が同時についていて、
ホットプレート(1200w)で鍋をつついていました。

 トータル2200w=22Aの電気使用容量がありました。

 安全ブレーカーは、2000w=20Aで切れる(落ちる)ので、
この場合、(2)の安全ブレーカーは落ちてしまいます(自動的に図2−2の状態)。
(2) 和室の照明器具・コンセントの回路は、電気の容量が不足している事が分かります。


例2)
 この家では、(4)キッチンの単独回路が1回路しかありません。
その回路からは、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、が接続されています。
夕飯の準備で、炊飯器でご飯を炊きながら、肉解凍の為に電子レンジを使用しました。
 炊飯器1000w、電子レンジが800w、冷蔵庫も稼動しているので、
2000w=20Aを超えてしまい、安全ブレーカーが働き、
電気が切れてしまいました。
この場合は、(4)キッチンの単独回路が、図2−2の状態になっています。

例1)・例2)共に、各回路に割り振られた電気の使用量が、安全ブレーカーの働く
2000w=20Aを超えてしまった事により、電気が遮断されています。


・安全ブレーカー落ちた(切れた)時の対処法

 容量以上の電気を使うことによって、落ちた回路の電気が切れてしまった訳なので、
まずは、最後に使った電化製品(例1では、ホットプレート)のコンセントを抜きます。


 2000wを超えないように電気を使えば良いのですが、
例1の場合、コタツとホットプレートを同時に使えない事が分かると思います。


 現電気設備では、鍋をする時には、にコタツは使えない。
同時に使えば、安全ブレーカーが働き電気が切れてしまいます。


 この様な状況は、適切な電気設備とは言いがたいです。
和室に、1回路の電気配線の増設工事が必要です。

 
 上記のような理屈から、IHクッキングヒーターや、新規エアコン増設を考える時には
専用ブレーカーが必要になる事が分かってもらえると思います。
 
戻る 次へ
 topに戻る
(有)電器の小山
神戸市長田区水笠通1−1−16
TEL 078-641-1558 FAX 078-641-1559
E-MAIL info@denki-koyama.jp
 高圧受電設備、幹線・動力電灯設備、消防設備工事(自火報、漏電火災警報器)、LAN、低圧電気工事